HOME > 安全とコンプライアンスへの取り組み > 安全への取り組み
安全とコンプライアンスへの取り組み
運送業にとってコンプライアンスとは安全確保、事故防止のための最低条件です。
しかし、「対応するための人・モノ・金・時間がない」、「対応していては他社に負けてしまう」、
といったことを理由に対応が疎かになり、重大な事故を起こしてしまう企業は後を絶ちません。
結果として、お客様が努力され、築き上げてきたブランドを壊すことにも繋がりかねません。
安全への取り組み
1.貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク)認定
Gマークは安全・安心・信頼のマークです。
荷主企業や一般消費者が、より安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性向上に対する意識を高めるための環境整備を図るためトラック運送事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
下記3つの評価項目について、基準に基づき評価、認定を受けます。
(1) 安全性に対する法令の遵守状況(地方実施機関の巡回指導結果)
(2) 事故や違反の状況(重大事故・行政処分の状況)
(3) 安全性に対する取組みの積極性
八洲運輸では茨城支店で認定を受けており、その他拠点についても順次認定を受ける予定です。
2.安全管理体制
社長をトップとして安全管理体制を構築、担当者の責務を明確にし、日々安全確保に努めています。
3.安全研修・講習
八洲運輸の社員はもちろんのこと、協力会社の作業者、管理者をも巻き込んでの研修・講習会を定期的に実施しています。
・ 安全運転研修
・ 作業責任者研修
・ 積卸作業講習
4.安全パトロール
定常的に作業が発生する場所では、「慣れ」からくる油断は大敵です。
八洲運輸では計画的にこうした箇所を巡回し、チェックリストに基づき安全性を評価。
改善が必要な場合は安全対策委員会を招集、具体的な改善策を検討し、実行に移しています。
5.作業マニュアル
個人の経験と勘に頼った作業は効率面においても安全面においても極力排除しなければならないものです。
八洲運輸では作業を標準化することで対応。作業者によるバラつきを少なくし、安全・安心・確実・迅速な作業を目指しています。
6.労務・運行管理
長時間勤務や少ない休暇など、運送業での労務に関わる問題が時として社会的に大きな影響を与えることはニュースなどで広く知られています。
八洲運輸は「人財」を大事にしていますので、負荷が偏ることの無いよう配車・勤怠を計画。仕事とプライベートを充実させることで心と体の健康を実現し、健全な企業運営を目指しています。
また、デジタルタコグラフ/車両運行管理システムの導入により、危険な走行(速度超過、急発進、急減速、長時間走行)、不経済運転(エンジン過回転、アイドリング)の監視と改善指導を徹底すると共に業務の効率化を図っています。